数ヶ月前、TCoffee and Codeでは、テスト駆動開発について取り上げました。ウェビナーでは、Stephen BallとJens Fudgeが、プログラミング、特にDelphiでのテスト駆動開発の重要性について説明しています。さらに、ユニットテストとそのすべての注目すべき利点についても学びました。このTCoffee and Codeセッションでは、こうしたトピックをさらに掘り下げ、さまざまなレベルのテスト、ソースメトリック、およびコードカバレッジについて学びます。

さまざまなレベルのテスト

このウェビナーのパネルに参加しているのは、多作な開発者やEmbarcadero MVPなどです。 Ian Barker、Bob Swart、Dalija Prasnikar、および Alister Christie。 2時間のウェビナーは、主に4つの異なるレベルのテストに焦点を当てます。一般に、単体テスト、統合テスト、システムテスト、および受け入れテストを含む4つの識別されたレベルのテストがあります。テストの各レベルには独自の目的があります。たとえば、単体テストは、ソフトウェアコンポーネントがその機能を果たしているかどうかをチェックする開始レベルです。一方、統合テストでは、データフローと、クラスと他のコードコンポーネント間の統合をチェックし、システムテストは完全なシステムで実行され、コンポーネントの全体的な相互作用をチェックします。最後に、システムが仕様と要件を満たしているかどうかを確認するために、受け入れテストが行われます。

ソースコードメトリクスとは?コードカバレッジの意義

前述のすべてのテスト手順は、DUnit、DUnitX、TestInsightなどのDelphiに焦点を当てたテストツールを使用して行われました。テストのレベルとテスト駆動開発の他に、このディスカッションでは、Delphiでのソースメトリックとコードカバレッジの使用についても説明します。パネルでは、DelphiのAudits&Metrics、Method Toxicity Metrics、PeganzaのPascalExpertおよびPascalAnalyzer、TMFixInsightなどのさまざまなコード品質ツールの使用について説明します。

以下のTCoffee and Codeウェビナーセッションを視聴して、さまざまなレベルのテスト、ソースメトリック、テスト駆動開発、コードカバレッジの詳細を学びましょう。

閉じる

RAD Studio、Delphi、またはC ++ Builderを使用すると、開発時間を短縮し、より早く市場に投入できます。
設計。コード。コンパイル。デプロイします。
無料トライアルを開始   本日アップグレード

   無料のDelphiコミュニティエディション   無料のC ++ Builder Community Edition