大規模なプロジェクトでも小規模なプロジェクトでも、コードが正しく実行されていることを知っておくことが重要です。ソフトウェアがスムーズに実行され、バグがないことを確認する必要があります。バグがある場合は、それらを修正する方法を知っておく必要があります。そこで、テスト駆動開発の登場です。今回の TCoffee and Codeセッション, Stephen Ball is joined by Jens Fudge to discuss everything about Test Driven development and its huge role in Windowsプログラム開発 especially in Delphi.

テスト駆動開発の重要性とは?

興味深いことに、テスト駆動開発は、開発者が意図的に単体テストを作成し、テストが失敗することを確認するプログラミングの一般的な方法またはスタイルです。テストに合格した後、開発者はコードをリファクタリングして、保守しやすくします。テスト駆動開発(TDD)は、特に新しいプロジェクトで作業する場合に重要な役割を果たします。新しいコードを追加したり、既存のコードベースに新しい機能を変更または追加したりする場合、TDDを使用するとバグをすばやく見つけることができます。

ユニットテストのメリットについて学ぶ

The session also highlights the notable pros and cons of writing a unit test. While unit testing allows you to discover bugs quicker, it may also cost you time writing it especially if you’re new to it.  According to Fudge, it really does take time to learn about unit testing just as it takes time to learn about programming. They also discuss the differences between NUnit and XUnit testing frameworks as well as other mocking and testing frameworks like Spring4D and Beyond Compare.

Jens Fudgeは、ユニットテストを開始する方法についての簡単なデモも提供しています。 TDDの詳細については、以下の1時間のTCoffee and Codeセッションをご覧ください。

閉じる

RAD Studio、Delphi、C++Builderを用いれば、開発時間を短縮し、より早く市場に投入可能!
Design. Code. Compile. Deploy.
トライアル版をダウンロード   いますぐアップグレード!

   Delphi Community Edition(無料)   C++Builder Community Edition(無料)