大規模なプロジェクトでも小規模なプロジェクトでも、コードが正しく実行されていることを知っておくことが重要です。ソフトウェアがスムーズに実行され、バグがないことを確認する必要があります。バグがある場合は、それらを修正する方法を知っておく必要があります。そこで、テスト駆動開発の登場です。今回の TCoffee and Codeセッションでは、 Stephen Ball、Jens Fudgeが参加して、テスト駆動開発と、特にDelphiでのプログラミングにおけるその大きな役割について語ります。

テスト駆動開発の重要性とは?

興味深いことに、テスト駆動開発は、開発者が意図的に単体テストを作成し、テストが失敗することを確認するプログラミングの一般的な方法またはスタイルです。テストに合格した後、開発者はコードをリファクタリングして、保守しやすくします。テスト駆動開発(TDD)は、特に新しいプロジェクトで作業する場合に重要な役割を果たします。新しいコードを追加したり、既存のコードベースに新しい機能を変更または追加したりする場合、TDDを使用するとバグをすばやく見つけることができます。

ユニットテストのメリットについて学ぶ

このセッションでは、単体テストを作成する際の注目すべき長所と短所についても説明します。単体テストを使用すると、バグをすばやく発見できますが、特に初めての場合は、作成に時間がかかる可能性があります。ファッジによると、プログラミングについて学ぶのに時間がかかるのと同じように、ユニットテストについて学ぶのにも本当に時間がかかります。また、NUnitとXUnitのテストフレームワークの違いや、Spring4DやBeyondCompareなどの他のモックおよびテストフレームワークについても説明します。

Jens Fudgeは、ユニットテストを開始する方法についての簡単なデモも提供しています。 TDDの詳細については、以下の1時間のTCoffee and Codeセッションをご覧ください。

閉じる

RAD Studio、Delphi、またはC ++ Builderを使用すると、開発時間を短縮し、より早く市場に投入できます。
設計。コード。コンパイル。デプロイします。
無料トライアルを開始   本日アップグレード

   無料のDelphiコミュニティエディション   無料のC ++ Builder Community Edition