Delphiの関数型プログラミングと無名メソッドについて知っておくべきこと

最近開催された Coding Boot Camp 2022の最終セッションの 1 つで、Kevin R. Bond が関数型プログラミングと Delphi における無名メソッドの使い方について解説しています。Coding Boot Camp 録画ビデオをフォローしている方は、Kevin Bond の著書「How to Program Effectively in Delphi for AS/A Level Computer Science」がこのセッションの主なソースになっていることをご存じかと思います。このビデオでは、Bond 自身が、純粋な関数を使用してメンテナンス性の高いソフトウェアを作成する Windowsプログラム開発 のアプローチのひとつである関数型プログラミングを紹介します。

無名関数を使用した Delphi における関数型プログラミング

このビデオでは、Kevin Bond が、いわゆる無名関数を使用して、Delphi で関数型プログラミングがどのように機能するかについて説明します。この講演では、Haskell と Delphi で一連の無名メソッドを使用する関数型プログラミングの背景にフォーカスしています。Kevin Bond は、プログラミング パラダイムと 2 つの主要なモデル(命令型パラダイムと宣言型パラダイム)について簡単に説明します。

無名メソッドは、その用語が明確に示すように、名前が関連付けられていないプロシージャまたは関数です。この特定のメソッドは、コードブロックを、変数に割り当てたり、メソッドのパラメーターとして使用したりできるエンティティとして扱います。通常、この特定のメソッドは、通常のメソッドまたは関数と同様に定義されますが、名前はありません。このビデオでは、これらのメソッドが Delphi(および Haskell 言語)でどのように機能するかを示す多数のサンプルとデモンストレーションを提供します。また、このセッションでは、Delphi におけるパーシャル関数のデモンストレーションや、関数や演算子の削減についても触れています。

Delphi における関数型プログラミングと無名メソッドの詳細については、以下のビデオをご覧ください。  


RAD Studio、Delphi、C++Builderを用いれば、開発時間を短縮し、より早く市場に投入可能!
Design. Code. Compile. Deploy.
トライアル版をダウンロード   いますぐアップグレード!

   Delphi Community Edition(無料)   C++Builder Community Edition(無料)