Microsoft Windowsの最近のバージョンは、 Windowsアプリケーション開発全体に、大きなインパクトを与える膨大な数の重要なアップグレードと変更をもたらしました。Windowsアプリケーションを開発するとき、最初に考慮すべきことの1つはユーザーインターフェイスです。選択できるUIフレームワークは多数あり、それぞれに長所と短所があります。このウェビナーでは、エンバカデロのMVP Ian Barker が、Windowsに最適ないくつかのUIフレームワークと、それらをアプリケーション開発に使用する利点について詳しく説明します。彼はまた、最高のユーザーインターフェイスを作成するための、いくつかの手法を共有します。

Windows 11を使用する上での課題とネイティブWin UI3ライブラリの使用

Windows 11のインターフェイスは紛れもなく魅力的ですが、一部のユーザーにとっては少し恐ろしいこともあります。Windows 11で行われた変更は、すべて視覚的に認識できます。その1つは、新しい中央揃えのツールバーです。新しいツールバーはデフォルトで中央に設定されていますが、これは構成して左側に戻すことができます。これは私たち全員がよく知っていることです。また、Windowsスナップと呼ばれる新しいタイプのWindows動作があり、プログラムをより整理された状態に調整できます。

Windowsには独自のUIライブラリが付属しています。最新世代はWin UI3であり、本番環境に対応したデスクトップ/Win32 Windowsアプリの構築に使用できます。Windows用のネイティブGUIライブラリであるにもかかわらず、Win UI3は他のUIフレームワークと比較して著しく複雑です。より管理しやすいWindows 11対応のUIフレームワークをお探しの場合は、DelphiのVCLおよびFireMonkey(FMX)ライブラリが最適です。

VCL / FMXアプリに魅力的な要素を加えるには

Ian Barkerは、VCLまたはFireMonkeyアプリのユーザーインターフェイスをより視覚的に魅力的にする方法についても説明します。FireMonkeyと、WindowのFluent UIデザインシステムとその動作の一部をエミュレートできるVCLを使用して実行できる優れた機能があります。また、流暢なUIインターフェイスを作成できるコンポーネントの全セットを提供する StyleControls VCL などのサードパーティサプライヤを利用することもできます。

Skia4Delphi は、FireMonkeyおよびVCLアプリをターボチャージすることもできます。Skia4Delphiは、さまざまなハードウェアおよびソフトウェアプラットフォームで機能する共通のAPIを提供するオープンソースの2Dグラフィックライブラリです。また、BarkerがSkia4Delphiライブラリを使用してスタートレックに着想を得たデータダッシュボードを作成したことを思い出すことができます。Windows 11開発に最適なUIフレームワークの詳細については、以下のビデオをご覧ください。

閉じる

RAD Studio、Delphi、C++Builderを用いれば、開発時間を短縮し、より早く市場に投入可能!
Design. Code. Compile. Deploy.
トライアル版をダウンロード   いますぐアップグレード!

   Delphi Community Edition(無料)   C++Builder Community Edition(無料)