恐らく Windows 11の新機能 の中で最もエキサイティングなのは、Windows Subsystem for Android(WSA)の追加でしょう。これにより、Windows11デバイスでAmazon AppStoreで利用可能なAndroidアプリケーションを実行できるようになるのです。この新機能は、エンドユーザーと開発者の両方にとって非常に有益です。Windows Subsystem for Linux(WSL)と同様に、WSAを使用すれば、Windows上でAndroidアプリの クロスプラットフォーム開発 より簡単かつよりよく管理できるようになります。このビデオでは、Jim McKeeth と Scott Hanselman が、開発者の観点からWSAに関するすべを解説します。

WSAをセットアップしクロスプラットフォーム開発に使う

このウェビナーは、エンバカデロのDeveloper Advocateを務める Jim McKeeth とマイクロソフトの Partner Program Managerである Scott Hanselmanが、Windows 11に新たに追加されたWSA機能を開発者の視点から語ります。WSAは、Amazon AppStore経由で入手したお気に入りのアプリをWindows OS上で利用できるようになるため、エンドユーザーにとっても大きなメリットとなります。これは、PCから直接アプリにアクセスするために、BlueStacksやNOXなどのサードパーティエミュレーターを必要としないことも意味しています。ところで、この機能はアプリ開発者にとってはどのような影響があるのでしょうか?

Windowsクロスプラットフォーム開発のさまざまなヒントはビデオで

このディスカッションでは、インストールのプロセスから、ソフトウェア開発で使用するためにAndroid用にWSAを構成する最も簡単な方法まで、WSAについて深く掘り下げます。WSAを実行するために必要なものと、Android開発からWSAをターゲットにするために必要なものを確認してください。WSAは現在、Windows 11でパブリッププレビューとして公開されています。お気に入りのアプリをダウンロードするには、MicrosoftストアからAmazon AppStoreをダウンロードするように求められます。

Houdiniソフトウェアの概要とクロスプラットフォーム開発に役立てるポイント

このビデオでは、アプリ開発者向けの3DアニメーションソフトウェアアプリケーションであるHoudiniについても簡単に説明します。また、Android SDK開発キットに含まれているコマンドラインツールであるADB(Android Debug Bridge)についても詳しく説明します。Android Debug Bridgeを使用すれば、カスタムROM、Mod、GAppのインストール、Androidのバックアップ、公式のストックファームウェアのフラッシュ、Androidアプリのインストールが可能です。ここでは、いくつかの重要なADBサイドロードコマンドを使います。

Windows 11のWSAの詳細については、以下のビデオをご覧ください。  


RAD Studio、Delphi、C++Builderを用いれば、開発時間を短縮し、より早く市場に投入可能!
Design. Code. Compile. Deploy.
トライアル版をダウンロード   いますぐアップグレード!

   Delphi Community Edition(無料)   C++Builder Community Edition(無料)