RAD Studio 11.0 Alexandriaは、Windows 11がリリースされるわずか1ヵ月前の昨年9月に戦略的にリリースされました。このバージョンでは、High-DPI IDEサポート、フォームデザイナーのVCLスタイルサポート、Android API 30サポートなどの数多くの新機能を提供しています。そして、このアップデートリリースが数ヵ月前に実施され、注目すべきIDEの改善やその他の新機能が提供されました。これらは、 Windowsアプリケーション開発に役立つものが多くあります。そして、このリリースに合せて、 Jim McKeethMarco Cantu、Kyle Wheeler、 David MillingtonStephen Ballが出演するウェビナーが実施されました。

RAD Studio 11.1 Alexandriaの新機能

RAD Studio 11.1の主なフォーカスポイントは、RAD Studio 11にすでに存在するすべての優れた機能を強化することです。このアップデートでは、使いやすさ、パフォーマンス、および安定性の向上にもフォーカスしています。また、新しいデータベースドライバなど、いくつかの新機能も含まれます。RAD Studio 11.1は、広範なHigh-DPI IDEの品質強化、リモートデスクトップ環境でのIDEパフォーマンスの改善など、多くのIDEの機能改善を特徴としています。このアップデートでは、ツールバーのフォントサイズの改善、異なる解像度のモニター間でウィンドウをドラッグするときのスケーリングの改善、および追加のIDEフィックスパックの統合も提供されます。

また、VCL、FireMonkey、さらにスタイルをサポートしたVCLフォームデザイナのそれぞれで強化されたHigh-DPI対応デザイナを搭載しています。GetIt Library Managerの注目すべき機能強化や、メッセージビュー、新しいアイテム、コンパイルダイアログボックスなどの他の新しいIDE機能もあります。RAD Studio 11.1のもう1つの重要な品質フォーカスポイントは、DelphiとC++Builderの双方の言語におけるCodeInsightの強化です。Delphi LSPエンジンのパフォーマンスも大幅に向上しています。

アップデートでは、DelphiおよびC++Builderのコンパイラおよびデバッガの大幅な改善も提供されます。ASLRの追加サポートと、LLDBに基づく新しいDelphiデバッグテクノロジも導入されました。Delphi RTLには、新しいRAD Studioアップデートでいくつかの最適化と品質の改善も施されています。さらに、RAD Studio 11.1リリースは、11.0の出荷後にリリースされたオペレーティングシステム(Windows 11、macOS 12 Monterey、iOS 15、およびAndroid 12)を公式にサポートしています。

最近開催されたRAD Studio 11.1 Alexandria Launch Webinarを見逃した方は、ぜひ以下のビデオをご覧ください。   

閉じる

RAD Studio、Delphi、C++Builderを用いれば、開発時間を短縮し、より早く市場に投入可能!
Design. Code. Compile. Deploy.
トライアル版をダウンロード   いますぐアップグレード!

   Delphi Community Edition(無料)   C++Builder Community Edition(無料)