How To Control An Arduino Manipulator Robot with Delphi and Visuino

あなたがロボット工学に興味があるなら、このセッションは間違いなくあなたにぴったりです。ロボットは、センサーが受け取った入力に基づいて特定のタスクを実行できる自律型マシンと見なされますが、強力な RAD Studio IDEを使用して適切にプログラムされるまでは、単なる機械的な部品です。これにより、コーディングはシステムの不可欠な部分になります。この DelphiConのセッションでは、Wi-FiまたはBluetoothを介してDelphiアプリケーションからArduinoマニピュレーターロボットのビジュアルプログラムを制御する方法を紹介します。

ロボットをプログラムでDelphiから制御するには

ロボットは、Arduino IDEまたはArduinoのグラフィカル開発環境であるVisuinoの両方でプログラムでき、ロボットをプログラムする最も簡単な方法でもあります。Delphiアプリケーションからロボットと複数の方法で通信できます。最も簡単な方法は、USB経由でシリアルポートを使用することです。または、シールドにBluetoothモジュールがある場合は、Bluetoothを使用することもできます。Wi-Fiシールドを設置すれば、Wi-Fiを使ってロボットと通信することもできます。最後に、Arduinoコントローラーボードを、Wi-FiまたはBluetoothが組み込まれた別のコントローラーと交換できます。

ロボットプロジェクトに取り組んでいるとき、プログラマは途中でさまざまな課題に直面する可能性が高くなります。多くの場合、競合を引き起こす可能性のある同じピンを使用するシールドがあります。一部のシールドは単に相互に互換性がなく、代替手段を探す必要があります。ボードをリセットするパワーノイズなどの電気的な問題や、機械的な問題、通信の誤り、Delphiプロジェクトの設定の誤りなどの問題もあります。 

アニメーションタイムラインを作成してロボットと通信する方法

このセッションでは、アニメーションタイムラインを使用してロボットを制御する方法も学習します。タイムラインにはサービスを制御するチャネルがあり、サーボを適切に配置するには適切な値が必要です。これを実現する最も簡単な方法は、サーボを制御するロボットをポテンショメータで手動で配置することです。これは、このビデオでBoian Mitovによって示されます。また、ロボット用の簡単なビジュアルアプリケーションと、値を表示および記録するための小さなDelphiアプリケーションを作成する方法についても説明します。

ビデオでは、シリアルポート(Delphi)、Wi-Fi、Bluetoothを介してロボットと通信するさまざまな方法も紹介します。詳細については、以下のビデオをご覧ください。    

閉じる

RAD Studio、Delphi、C++Builderを用いれば、開発時間を短縮し、より早く市場に投入可能!
Design. Code. Compile. Deploy.
トライアル版をダウンロード   いますぐアップグレード!

   Delphi Community Edition(無料)   C++Builder Community Edition(無料)