Delphiで動作するアプリケーションを構築するのが、どれだけ迅速か想像できますか? Learn Delphi TV の Alister Christie が主催する Embarcadero Technologies YouTube チャンネルで最近開始された「Welcome to Delphi」ビデオシリーズでは、Delphi IDEを使用して独自のアプリケーションを驚くほど迅速かつ簡単に開発できることを紹介しています。前回のビデオでは Windowsでの開発 を、 DelphiのVCLフレームワークを使用して簡単に行う方法を実演して見せました。今回は、FireMonkeyフレームワークを使用して、同じアプリケーションをクロスプラットフォームで作成する方法を伝授します。

FireMonkey (FMX) を使用してクロスプラットフォーム アプリケーションを構築する方法

Delphi の最も優れた特徴の 1 つは、紛れもなくユーザー フレンドリーで習得が容易であるため、初心者にとって理想的であるという事実です。ローコード開発プラットフォームとシンプルなドラッグ&ドロップ機能のおかげで、複雑さを軽減してアプリケーションを開発できます。シンプルであるにもかかわらず、Delphi は高性能アプリケーションの開発を可能にする強力なプログラミング言語です。このビデオでは、Alister が FireMonkey フレームワークを使用して、シンプルで機能的なクロスプラットフォーム アプリを作成する方法を紹介します。FireMoneky はクロスプラットフォームです。つまり、1 つのアプリケーションを作成して、Windows、Android、macOS、iOS、さらには Linux 向けにコンパイルできます。

このプロセスは、前のチュートリアルで示したのと同じ手順です。ただし、今回は、Delphi のウェルカム ページから[新規マルチデバイスアプリケーションの作成]を選択します。また、ウィザードには、いくつものテンプレートが用意されています。このデモでは、同じユーザー インターフェイスとコードを作成します。次に、Alister は、さまざまなプラットフォーム スタイルをプレビューする方法の概要を説明し、マルチデバイス プレビュー ツール ウィンドウを使用して、アプリケーションがターゲット プラットフォームでどのように表示されるかをリアルタイムで確認します。

このチュートリアルでは、アプリケーションを Android 向けにコンパイル、デバッグし、デバイスと同期して、ライブ テストを実行するプロセスを示して終了します。Delphi の大きなメリットは、比較的高速な Windows で多くのテストを実行できることです。詳細については、以下の簡単なチュートリアルをご覧ください。


RAD Studio、Delphi、C++Builderを用いれば、開発時間を短縮し、より早く市場に投入可能!
Design. Code. Compile. Deploy.
トライアル版をダウンロード   いますぐアップグレード!

   Delphi Community Edition(無料)   C++Builder Community Edition(無料)