Windowsのユーザーインターフェイスは、何年にもわたって何度も、そして時として劇的に変化しています。Windowsのデザインは、1993年のWindows3.11で提供された非常にシンプルなアウトラインと配色から、Windows 11で提供されている洗練された Windows UIツールキット へと進化を遂げました。最新バージョンのWindowsには、新しいFluent Design Systemが導入されています。これは、Windows Metroの改良版で、すべてのWindows 10デバイスとプラットフォーム用に設計されたソフトウェア内で使用されるデザインと相互作用のガイドラインが含まれます。このウェビナーでは、 Jim McKeeth がWindowsデザインの進化について解説。Windows Fluent Design Systemの最新の変更点について詳説します。

Windows UIデザインの進化

このビデオでは、Windowsクラシックから始まるWindows UIの5つの時代すべてを振り返ります。これには、非常に単純なアウトラインのセット、16〜256色の表示を備えた非常に少数の色を特徴とするWindows3.11も含まれます。Windows 95では、わずかな3D効果のために影付きベベルが導入され、Windows 98ではグラデーションタイトルバーが導入されました。Windows Lunaは、Windows XPで導入されたWindowsデザインの次の時代であり、より優れた3Dの丸みを帯びた外観のグラデーションを提供しました。

これに、透過とガラス効果を追加したWindows Vista搭載のWindows Aeroが続きます。その隣には、フラットな原色のデザインで有名なWindows Metroもあります。これは、Windows PhoneとXboxコンソールにも適用されたUIです。2017年にMicrosoftによって開発されたWindows Fluent Design Systemは、WindowsのすべてのUIシステムの進化を提供するMetroの改良版と見なされています。

WIndowsのFluent UIに見る最新アップデート

Fluent Designは、Metroのすっきりとしたルック&フィールを維持しながら、マウスカーソルのぼやけた半透明、ドロップシャドウ、ハイライト効果など、Aeroのビジュアルを一新しながら、その特徴的なシンプルかつフラットなデザインを備えています。このビデオでは、Windows 11の新しい設計原則と、ジオメトリ、レイヤリングとエレベーション、カラー、マテリアル、アイコングラフィとタイポグラフィ、モーションなど主要なエクスペリエンスについても説明します。

McKeeth will also share with us how to make your applications look the best on the latest version of Windows 11. This includes the use of Windows VCL Styles. Delphi and C++ Builder included the new Windows 11 VCL styles that are available to GetIt Package manager which comes with a dark mode and light mode. Some useful components for Delphi were mentioned in this video including the Skia4Delphi which we’ve seen from the previous DelphiCon webinar. To know more about the latest Windows UI changes for Windows 11, feel free to watch the video below.

閉じる

RAD Studio、Delphi、C++Builderを用いれば、開発時間を短縮し、より早く市場に投入可能!
Design. Code. Compile. Deploy.
トライアル版をダウンロード   いますぐアップグレード!

   Delphi Community Edition(無料)   C++Builder Community Edition(無料)