Android 11以上に最適なアプリビルダーソフトウェアとは

最低でも毎四半期ごとに、より説得力のある一連の機能を提供する新しいスマートフォンモデルが市場にリリースされています。増大する需要に対応し、全体的なユーザーエクスペリエンスを向上させ、セキュリティを強化するため、スマートフォンOSも定期的にアップデートされています。適切なアプリビルダーソフトウェアを使用すれば、その追跡ははるかに簡単になります。ほぼ毎年、Androidの新しいバージョンを入手しており、現在、最新のAndroid13はベータ段階にあります。更新があるたびに、開発者も何らかのアクションを実行する必要があります。これには、IDEソフトウェアを使用したり、ワイヤレスデバッグを行ったり、アクセス許可を更新したりする必要がある場合があります。このビデオでは、Jim McKeethが、Delphi 11での最新のAndroidの変更と、将来予想される更新について説明します。

Delphi 11におけるAndroid 11 / 12サポートの変更点

このビデオでは、最初に、オペレーティングシステムの市場シェアの現状と、Android OSが過去数年間にWindowsをどのように上回ってきたのかについて解説します。また、今日の市場をリードしている人気のAndroid搭載スマートフォンも紹介。Android OSに加えられた変更やアップデートは、エンドユーザーに影響を与えるだけでなく、Androidアプリ開発者にとっては「召喚状」でもあります。つまり、最新バージョンに追いつき、アプリに互換性を持たせるために必要なアクションを実行する必要性に迫られるのです。

適切なアプリビルダーソフトウェアが役に立つ理由

毎年のように targetSdkVersion は変わり、必要要件も更新されます。それぞれのAndroidバージョンのリリースから1年以内に、新規ないしはアップデート版のアプリは、更新されたAPIバージョン以降をターゲットとしなければなりません。このウェビナーでは、これらの最新バージョンのAndroidで何がアップデートされたかを確認し、この最も人気のあるOSの最新バージョンを対象とするためのヒントとともに、Android開発のベストプラクティスを確認します。

現在、Android 11がほぼすべての新しいスマートフォンに搭載され、Android 12の展開が始まっています。そして、Android 13はベータ段階にあります。このことは、IDE、特にDelphi 11でいくつかの変更が加えられることも意味します。Jim Mckeethは、Delphi 11におけるAndroidサポートに関するすべての変更点を紹介し、新しいAndroidバージョンをサポートする将来のアップデートの可能性について分析を加えます。また、Delphiで既存のAndroidプロジェクトをアップグレードする方法や、Androidツールを正しくアップデートする方法についても学びます。ワイヤレスデバッグ、新しいランタイムアクセス許可モデル、その他の知っておくべきベストプラクティスについても説明します。

詳細については、以下のウェビナーをご覧ください。


RAD Studio、Delphi、C++Builderを用いれば、開発時間を短縮し、より早く市場に投入可能!
Design. Code. Compile. Deploy.
トライアル版をダウンロード   いますぐアップグレード!

   Delphi Community Edition(無料)   C++Builder Community Edition(無料)