JSONは、 Windowsアプリケーション開発、特にWebアプリケーションでデータを送信するときに大きな役割を果たします。JSON形式は、ネットワーク接続を介して構造化データをシリアル化および送信するために使用されます。今日、ほとんどの開発者は、JSONが非常に軽量で、XMLのようなものに比べて読みやすいため、JSONを大いに支持しています。人気があるにもかかわらず、DelphiでJSONを処理するすべての方法をまだ知らない開発者がいることに注意するのは非常に興味深いことです。このビデオでは、AquaSoftのDion Carlos MaiとGustavo Mena Barretoが、DelphiでJSONを処理するさまざまな方法の概要を説明します。

DelphiでJSONを扱うベストな方法

最近開催された DelphiCon 2021 からのビデオで、DelphiでJSONを処理するさまざまな方法の概要を説明し、JSONパーサーの開発時間を短縮する方法についても説明します。DelphiでJSONを処理する方法は複数あります。このセッションでは、Delphiでこれらのオプションがどのように効果的に機能するかを確認するために、さまざまなデモとともにすべての可能なオプションについて説明します。このビデオで強調表示されているオプションの1つは、JSONtoDelphiWebサイトの使用です。このWebサイトは、Delphiの相互関連クラスを特定のJSONに書き込むのに役立つように設計されています。パーサーを実行するためのクラスを生成でき、ワンクリックで、JSONオブジェクトからすべてのデータにアクセスするために必要なすべての構造を生成できます

Super Objectとは

Super Objectは、特に古いバージョンのDelphiを使用している場合に使用できる、もう1つのオプションです。RESTResponseDataSetAdapterは、JSONを処理するために効果的に使用できるDelphiの比較的新しいコンポーネントです。このコンポーネントは、 REST Debuggerツールからも使用できます。このコンポーネントを使用したJSONの操作は、すでにデータセットを操作しているため、驚くほど簡単です。もう1つのオプションは、TJSONMarshalクラスの使用です。このクラスを使用すると、RTTIメソッドに何も記述せずに、シリアライズアルゴリズムのデフォルトの動作を変更できます。これは、スレッドとカスタマイズされたJSON構造を使用するルーチンに適したアプローチです。

セッションは、JSON関連の質問に答えるQ&Aで終了します。DelphiでJSONを処理する方法の詳細については、以下のビデオをご覧ください。

You can follow along for free. Why not download a trial copy of Delphi today?

閉じる

RAD Studio、Delphi、C++Builderを用いれば、開発時間を短縮し、より早く市場に投入可能!
Design. Code. Compile. Deploy.
トライアル版をダウンロード   いますぐアップグレード!

   Delphi Community Edition(無料)   C++Builder Community Edition(無料)