初心者であろうと経験豊富なプログラマーであろうと、優れたソフトウェアを構築することは常に重要です。一部の開発者は、締め切りのプレッシャーのためにコードが乱雑になりがちで、プログラムが誤ってしまうことがよくあります。貧弱なコードはしばしばバグを引き起こし、開発者はコードを書くよりも問題の修正に多くの時間を費やすことになるかもしれません。優れたソフトウェアを構築するには、優れた Windowsアプリケーション開発ツール セットが必要ですが、さらに重要なことは、より優れたコードの記述方法を理解している必要があります。 DelphiCon 2021のこのビデオでは、Embarcadero MVPでGDK SoftwareのMarco Geuzeが、開発者やプログラマーがより優れたコードを作成するのに役立つ大原則「SOLID」について紹介します。

よりよいコードを記述するための大原則

「SOLID」原則の概念は、ソフトウェアエンジニアリングに関するベストセラー書籍の生みの親であるRobert C Martinによって作られたものです。「SOLID」は、開発者がよりよい、より分かりやすい、より柔軟で、より保守しやすいコードを記述するための5つの原則の頭文字を取ったものです。「S」は、Single Responsibility Principle(単一責任原則)。クラスは単一の責任を持つべきであり、したがって変更する理由は1つだけになります。「O」は、Open-Closed Principle(オープンクローズ原則)。クラスや他のエンティティは、拡張のためにはオープンであるべきだが、修正に対してはクローズであるべきです。「L」は、Liskov Substitution Principle(リスコフの置換原則)。Barbara Liskovが提唱した概念で、オブジェクトとサブオブジェクトはプログラムを壊すことなく交換可能でなければなりません。

「I」は、Interface Segregation Principle(インターフェイス分離原則)。クライアントは使用しないインターフェイスに依存することを強制されてはいけません。「D」は、Dependency Inversion Principle(依存性逆転の原則)。ハイレベルのモジュールは、低レベルのモジュールに依存するべきではないが、どちらも抽象化に依存すべきです。

これらの原則をDelphiに適用するには

「SOLID」原則の概念を明確に理解するために、Marcoは各原則について深く掘り下げ、一連の段階的なデモを通じて各原則がどのように機能するかを説明します。そして、 RAD studio を使用して、Delphiでこれらの原則を正確に適用する方法を示します。「SOLID」原則の詳細と、Delphiアプリケーションの開発時にこれらを適用する方法については、以下の1時間のウェビナーをご覧ください。

閉じる

RAD Studio、Delphi、C++Builderを用いれば、開発時間を短縮し、より早く市場に投入可能!
Design. Code. Compile. Deploy.
トライアル版をダウンロード   いますぐアップグレード!

   Delphi Community Edition(無料)   C++Builder Community Edition(無料)