Delphiを使用してゲームを作成できるかどうか疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれません。その答えは「イエス」です。最近開催された DelphiCon 2021で、Patrick Premartinが、DelphiのFireMonkeyフレームワークのコンポーネントを利用し、それをゲームエンジンとして使用する方法に関するすべてのヒントとコツを紹介します。一般に、ゲームエンジンは、ゲームの作成に使用できるライブラリまたはコンポーネントのセットです。ただし、Unreal Engine、Unity、GameMaker Studioなど、他の Windowsプログラム開発 ソフトウェアとは異なり、ゲームエンジンはそれほど複雑ではなく初心者に優しい手順を提供します。実際、一部のゲーム要素は、コードを1行も記述しなくても、ゲームエンジンで動作します。

FireMonkeyとDelphiでゲームを作るには

このビデオでは、Patrickが Delphi FireMonkey をゲームエンジンとして使用するプロセスについて説明します。人気のあるCastleGame、Gorilla 3D、Apusなど、Delphiでコーディングされているゲームエンジンはいくつかありますが、このウェビナーでは、FireMonkeyのコンポーネントの利用と、それらをゲームで効果的に使用する方法に重点を置いています。Patrickは、開発者がFireMonkeyを使用してゲームをコーディングすることを検討する必要がある理由を私たちと共有します。FireMonkeyはデフォルトですべてを画面に描画するという事実を除けば、このフレームワークのすべてのビジュアルコンポーネントはスタイルが設定されており、コーディングせずに変更することもできます。ここでは、プロパティ、イベント、タイマー、スレッド、マルチ解像度の画像、ビットマップ、クラス、およびゲームのコーディングに必要なすべてのものを使用できます。言うまでもなく、2Dコンポーネントと3Dコンポーネントの両方を標準機能として提供します。

FireMonkeyのビジュアル/非ビジュアルコンポーネントを管理する方法

興味深いことに、この1時間のウェビナーでは、ゲームエンジンに関する重要な詳細を共有するだけでなく、これらのコンポーネントをさまざまなゲームに適用した実際のアプリケーションについても説明します。ここでは、FireMonkeyのTMediaPlayerコンポーネントを使用して音楽と効果音を管理する方法、TImageおよびTRectangle、TCircle、TPathなどの他の注目すべきプロパティを使用して背景のサウンドとシーンを管理する方法を学習します。一部のプロパティ値を変更したり、他のコンポーネントを使用してスプライト、アニメーション、および衝突を管理したりします。また、途中でいくつかの3Dゲームコンポーネントについても詳しく説明します。

FireMonkeyをゲームのゲームエンジンとして使用する方法については、以下のウェビナーをご覧ください。   

閉じる

RAD Studio、Delphi、C++Builderを用いれば、開発時間を短縮し、より早く市場に投入可能!
Design. Code. Compile. Deploy.
トライアル版をダウンロード   いますぐアップグレード!

   Delphi Community Edition(無料)   C++Builder Community Edition(無料)