マイクロソフトが最近Windows11をリリースし、信じられないほどの大幅な改善を提供したため、Delphiと RAD Studio IDE も、最近Delphi 11(RAD Studio Alexandria)をリリースしました。このことは10.xシリーズがついに終了し、新しい時代へと突入することを意味します。ただし、この移行は、ユーザーエクスペリエンスを強化するさまざまな改善とモダナイズが加えられているため、バージョン番号の変更だけにとどまりません。このビデオでは、Marco Cantuが、最近発売されたDelphi 11の強力な機能の詳細と、Delphiの将来に向けて準備されているものについて説明します。

Delphiを使って将来のための開発を実現

Delphiは、強力なビジュアルデザインツールと統合ツールチェーンを使用して、最新のObject Pascalでアプリケーションを構築できる究極の RAD Studio IDE です。最近実施された DelphiCon 2021のビデオでは、Marco Cantuが、Delphi 11に加えられたすべての変更と、近い将来にRAD Studioに期待できる改善と開発のロードマップについて説明します。

Delphiは品質に重点を置いており、その機能のほとんどを活用して、開発者に最高のエクスペリエンスを提供しています。このビデオで示されているDelphiの主な変更点には、ユーザーに高DPI IDEを提供する新しく改善された4Kサポートが含まれます。また、強力なWindows App SDK、WebView 2、winUI3、MSIXパッチパッケージ、Window Windowing拡張機能などの多数の主要なサブシステムなど、Windowsプラットフォームに関連するさまざまな改善を行いました。Delphi 11では、MSIXとウィンドウストアのサポートも導入されており、Delphi IDEを直接使用して、ストア対応のアプリケーションを構築、展開できます。

Delphi 11のその他の注目すべき変更点

VCLのコントロールごとのスタイル設定コンポーネントを活用して、ユーザーがフォームまたはコントロールのネイティブスタイルを選択し、デザイン時にプレビューできるようにします。また、TControlList VCLコンポーネントを介した最新のUIと高性能UIの作成に焦点を当てた新しいコントロールを追加しました。また、古いバージョンのWindows APIに基づいていたレガシー制限を削除して、最高のエクスペリエンスとプラットフォームとの最高の統合を確実にすることに焦点を当てた小さな改善の大規模なコレクションを含む、注目すべきVCLモダナイゼーション作業を行いました。

その他の注目すべき変更には、FireMonkeyとマルチデバイス開発、新しいmacOS 64bit ARMターゲットプラットフォーム、Android 64ビットサポート、より優れたFMXウィンドウとデスクトップ統合、コンパイラパフォーマンスのさらなる最適化が含まれます。Delphiの今後の開発、製品ロードマップ、および関連するいくつかのQ&Aセッションの詳細は、以下のウェビナーをご覧ください。

Do you want to try the latest version of Delphi? Why not download a free trial of RAD Studio Delphi 今日?

閉じる

RAD Studio、Delphi、C++Builderを用いれば、開発時間を短縮し、より早く市場に投入可能!
Design. Code. Compile. Deploy.
トライアル版をダウンロード   いますぐアップグレード!

   Delphi Community Edition(無料)   C++Builder Community Edition(無料)