ローカライゼーションは、ソフトウェア開発において非常に重要です。これにより、通常、ソフトウェアを、特定の地理的地域で使用する人々の文化的規範や言語的傾向に適合させることができます。最近開催された DelphiCon 2021では、Gleb Sitikovが TsiLang Component Suite を紹介し、この強力かつ便利でありながら柔軟でシンプルなコンポーネントが、 Windowsアプリケーション開発 に必須であることを示します。

TsiLang Component Suiteとは

開発者はクロスプラットフォームの問題に取り組むためのツールはすでに備えていますが、ソフトウェアのローカライゼーションについては、まだ解決すべき問題があります。ソフトウェアのローカライズは、スクラッチからコーディングすることによって解決できますが、それでは非常に時間がかかり、生産性が著しく低下します。何よりも、複雑性が増し、バグを誘発する恐れがあります。そこで、TsiLang Component Suiteです。TsiLang Component Suiteは長年にわたってリリースされてきた実績があり、ローカライゼーションのニーズを解決するための強力で使いやすいツールとコンポーネントをユーザーに継続的に提供しています。マルチプラットフォームと多言語の両方のUIサポートを提供します。

TsiLang Component Suiteに含まれるツール

TsiLang Component Suiteは、RAD Studio用のツールとコンポーネントのセットであり、わずか3つのステップでアプリケーションUIをローカライズできます。このスイートには、多言語サポートの設定を簡素化し、スピードアップできるTsiLangウィザードを含む多くの便利なツールが付属しています。これらのツールを使用して、必要なすべてのコンポーネントをフォームに追加し、必要な構成が可能です。Sitikovは、TsiLang Expert、SIL Editor、Dictionary Managerなどの他のコンポーネントも紹介しています。彼はまた、短いデモにより、各ツールがどのように機能するかを示します。TsiLang Component Suiteの詳細については、以下のDelphiConウェビナーをご覧ください。

閉じる

RAD Studio、Delphi、C++Builderを用いれば、開発時間を短縮し、より早く市場に投入可能!
Design. Code. Compile. Deploy.
トライアル版をダウンロード   いますぐアップグレード!

   Delphi Community Edition(無料)   C++Builder Community Edition(無料)