フレームタブ デモを使用すると、Android、iOS、macOS、Windows、 Linuxアプリ用の一連のタブ付きナビゲーション ページを簡単に作成することができます。Delphiのフレーム機能を使用すると、複数の場所でコードとUI 要素を分離して再利用できます。これにより、簡単にアプリ全体で一貫したルック&フィールを作成できます。フレームタブ デモは、単一コードベースによって構築されたクロスプラットフォームアプリケーションです。これにより、アプリの保守と更新が容易になります。

フルクロスプラットフォームのフレームベースのタブインターフェイスのソースコードをGithubからダウンロード

このデモは、カメラデモ、絵文字デモ、ペイントデモなど、100以上のクロスプラットフォームデモの一部です。

ソフトウェア開発で再利用可能な要素を作成するのは良いアイデアか?

ソフトウェア開発における再利用可能な要素とは、1つのプロジェクトや異なるプロジェクトの複数の場所で使用できるコードまたは機能の一部です。再利用可能な要素を作成することには、コード品質と効率性の向上、開発時間の短縮、チームメンバー間でのコードの共有など、多くのメリットがあります。ただし、継続的なメンテナンスの必要性や、コードベースの複数の部分にエラーが発生するリスクなど、再利用可能な要素にはいくつかの潜在的な欠点もあります。再利用可能な要素を作成するかどうかを決定するとき、開発者は長所と短所を慎重に検討して、メリットがリスクを上回るかどうかを判断する必要があります。

画面ショット

このプロジェクトのソースコード

unit Unit1;

interface

uses
  System.SysUtils, System.Types, System.UITypes, System.Classes, System.Variants,
  FMX.Types, FMX.Controls, FMX.Forms, FMX.Graphics, FMX.Dialogs,
  System.ImageList, FMX.ImgList, FMX.TabControl, FMX.StdCtrls, FMX.Effects,
  FMX.Controls.Presentation, Unit2, Unit4, Unit3;

type
  TForm1 = class(TForm)
    ToolBar1: TToolBar;
    ShadowEffect4: TShadowEffect;
    Label1: TLabel;
    MaterialOxfordBlueSB: TStyleBook;
    TabControl1: TTabControl;
    TabItem1: TTabItem;
    TabItem2: TTabItem;
    TabItem3: TTabItem;
    SecondFrame1: TSecondFrame;
    ThirdFrame1: TThirdFrame;
    FirstFrame1: TFirstFrame;
  private
    { Private declarations }
  public
    { Public declarations }
  end;

var
  Form1: TForm1;

implementation

{$R *.fmx}

uses
  Unit5;

end.

クロスプラットフォームアプリのプログラミング手法を学ぶには

今すぐ Coding Boot Camp 2022に登録してください。ゲーム、JavaScript、Web、Python、SQL、データベース、iOS、MacOS、Android、モバイル、Linux、Windows、デスクトップ、サーバー、Arduinoなど、プログラミングに関するさまざまなトピックを学ぶことができます。


RAD Studio、Delphi、C++Builderを用いれば、開発時間を短縮し、より早く市場に投入可能!
Design. Code. Compile. Deploy.
トライアル版をダウンロード   いますぐアップグレード!

   Delphi Community Edition(無料)   C++Builder Community Edition(無料)