コンピューティングの初期には、通常ほとんどのアプリケーションプログラムはシングルスレッドでした。多くの場合、マシンCPUでは、単一のプログラムが実行されているか、マシンリソースが他のアプリと競合し、まったく実行されないか、実行速度が遅くなるという状況でした。パーソナルコンピュータに対する高まる要求に応え、高度なアプリケーションの急速な台頭に対処するために、マルチスレッドオペレーティングシステムが利用可能になったのです。

一般的に、マルチスレッドとは、同時に実行される可能性のあるいくつものスレッド(命令のチャンク)をオペレーティングシステムに通知する方法です。このビデオでは、Windows開発だけでなく、macOS、Android、iOS、IoTなどのシステムを対象とした クロスプラットフォームアプリ のシングルスレッドおよびマルチスレッドプログラミングのパフォーマンスについても詳細に説明します。

DelphiがOSごとにどのような異なる動作をするか

最近開催された DelphiConからのビデオで、Olaf Monienが、さまざまなオペレーティングシステムが実行されているマシンで、Delphiとそのコンパイラがどのように異なる動作をするかを示します。最新のCPU上で動作するマルチスレッド・アプリケーションを開発する際に注意すべきポイントにフォーカス。現在入手可能な最新のハードウェアで、開発者が注意すべき点について解説します。

スレッドテストツールを使用することで、単一ないしは複数のスレッドを実行しているときに3つの異なるオペレーティングシステムが提供するパフォーマンスを識別できるようになります。サンプルマシンは、Intel Core i7 CPU+Windows 10、MacBook ProはIntel Core i9、MacBook AirはARMベースのApple M1プロセッサで実行されています。すべてのマシンで、シングルスレッドとマルチスレッドを実行してテストを行い、すべてのパフォーマンスが出力(プライム/秒)に基づいて比較されます。Olafは、Delphiでスレッドテストツールを作成するプロセスについても説明します。詳細は、以下のビデオをご覧ください。


Download a free trial of RAD Studio Delphi today and follow along with the video and examples.

閉じる

RAD Studio、Delphi、C++Builderを用いれば、開発時間を短縮し、より早く市場に投入可能!
Design. Code. Compile. Deploy.
トライアル版をダウンロード   いますぐアップグレード!

   Delphi Community Edition(無料)   C++Builder Community Edition(無料)