How To Convert Your VCL Database Software To Mobile Cross Platform Apps

VCLは常に、マイクロソフトアプリケーションのユーザーインターフェイスを開発するための ネイティブWindows開発 としての役割を果たしています。このGUIフレームワークには、ビジュアルコンポーネントの膨大なライブラリとサードパーティコンポーネントの堅牢なコレクションが付属していますが、Windowsベースの開発のみをサポートしています。一方、FireMonkeyフレームワークは、Windows、OS X(Mac)、Android、iOSなどサポートされているすべてのプラットフォームを含むマルチデバイス クロスプラットフォームアプリ を構築できるように設計されています。最近開催された DelphiConのプレゼンテーションで、Miguel Angel Morenoが、FMXフレームワークを使用してVCLのデータベースアプリケーションをモバイルおよびマルチプラットフォームに変換する方法を紹介しています。

VCLとFireMonkeyクロスプラットフォームアプリの違い

このプレゼンテーションでMiguelは最初に、前述の2つのフレームワーク間の主な相違点と類似点を強調します。ここでは、VCLデータベースアプリケーションとFMXデータベースアプリケーションの両方の構造を比較します。興味深いことに、FireMonkeyは多くの点でVCLライブラリにいくぶん似ています。たとえば、それらにはいくつかの類似したクラス、コンポーネント、コントロール、関数がありますが、VCLとの表面的な類似性にもかかわらず、FMXには依然として多くの違いがあり、そのいくつかはこのプレゼンテーションで強調表示されます。ここでは、データベースエンジン、データソース、データナビゲーターなど、VCLデータベースアプリケーションのすべての重要なコンポーネントについて学習します。

FireMonkeyを使用してVCLデータベースアプリケーションをマルチターゲットクロスプラットフォームアプリに正しく変換するには

このセッションでは、VCLおよびFireMonkeyデータベースアプリケーションに関する多くの重要な詳細について詳しく説明します。ローカルデータベース、シックデータベースクライアント(Oracle、SQL Serverなどのエンタープライズデータベースに接続する従来の方法)、RESTクライアントなど、さまざまなデータベースエンジンにアクセスする方法を学習します。RESTは、今日、ほとんどのアプリケーション、特にモバイルアプリケーションの開発において使用されている最新の手法です。Miguelは、Delphiでのマルチデバイスアプリケーションの作成からライブバインディングなど、従来のVCLアプリケーションをFireMonkeyデータベースアプリケーションに変換するプロセスを示します。

FireMonkeyマルチプラットフォームフレームワークとRAD Studioの強力なデータベースコンポーネントの助けを借りて、この重要なプロセスは極めて簡単に行うことができます!これらのデータベースフレームワークについて詳しく知りたい場合は、以下のビデオをご覧ください。

閉じる

RAD Studio、Delphi、C++Builderを用いれば、開発時間を短縮し、より早く市場に投入可能!
Design. Code. Compile. Deploy.
トライアル版をダウンロード   いますぐアップグレード!

   Delphi Community Edition(無料)   C++Builder Community Edition(無料)