Icon button cross platform demo

Icon Button Demoでは、ボタンにアイコンを追加して洗練されたプロフェッショナルな外観にする方法を紹介します。このクロスプラットフォーム アプリは、Delphi を用いて構築されており、Android、iOS、 macOS、Windows、Linux向けの単一コードベースとUIを提供します。デバイスにちょっとした機能を追加したい場合でも、ユーザー向けにより洗練されたインターフェイスを作成したい場合も、このデモは役に立つでしょう。ぜひお試しください。

フルクロスプラットフォームのアイコンボタンデモのソースコードをGithubからダウンロード

このデモは、カメラデモ、絵文字デモ、ペイントデモなど、100以上のクロスプラットフォームデモの一部です。

ソフトウェア開発におけるアイコンボタン

アイコン ボタンは、ユーザーがソフトウェア アプリケーションと対話できるようにするグラフィカル コントロール要素です。通常、特定のアクション、コマンド、またはタスクを表すアイコンまたはイメージで構成されています。アイコン ボタンは、ファイルを開く、ドキュメントを保存するなどといった、一般的なアクションの視覚的なサインを提供するために、ユーザー インターフェイスでよく使用されます。また、頻繁に使用するコマンドやツールにすばやくアクセスするためにも使用できます。多くの場合、アイコン ボタンは、従来のテキスト ベースのメニュー項目やツールバー ボタンよりも直感的で効率的です。そのため、ドロップダウン メニューやコンテキスト メニューなどの他の要素と組み合わせて使用​​されることがよくあります。

画面ショット

Icon button demo.

アイコンボタン デモのソースコード

クロスプラットフォームアプリのプログラミング手法を学ぶには

今すぐ Coding Boot Camp 2022に登録してください。ゲーム、JavaScript、Web、Python、SQL、データベース、iOS、MacOS、Android、モバイル、Linux、Windows、デスクトップ、サーバー、Arduinoなど、プログラミングに関するさまざまなトピックを学ぶことができます。


RAD Studio、Delphi、C++Builderを用いれば、開発時間を短縮し、より早く市場に投入可能!
Design. Code. Compile. Deploy.
トライアル版をダウンロード   いますぐアップグレード!

   Delphi Community Edition(無料)   C++Builder Community Edition(無料)